ページの先頭

ページ内移動用のリンク
ヘッダーメニューへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
ここから本文です

生涯学習情報トップ > 施策情報等 > 文化財情報 > 指定管理者制度

指定管理者制度

指定管理者制度

 指定管理者制度は、住民サービスの向上と経費削減を図ることを目的として、平成15年9月の地方自治法改正に伴い創設されました。
 教育庁が所管している東京都立埋蔵文化財調査センターは、施設の維持管理と発掘調査における出土品の展示や講演会の実施等について、平成18年度から指定管理者制度を導入し、埋蔵文化財を広く都民の方々に公開している施設です。

指定管理者候補者の決定について

 教育庁で選定した指定管理者候補者は以下の通りです。

指定管理者評価委員会について

●開催情報

●評価委員会資料  次第・座席表資料1資料2資料3

●議事録

指定管理者管理運営状況評価結果について

 教育庁では、指定管理者が行う管理運営状況について第三者の視点を含めた評価を実施しており、その結果は以下の通りです。

関連サイト

ここからフッターメニューです
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る