ページの先頭

ページ内移動用のリンク
ヘッダーメニューへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動

生涯学習情報トップ > 施策情報等 > 地域教育推進ネットワーク協議会トップ > 都立高等学校の教員など学校関係者のみなさまへ

ここから本文です

都立高等学校の教員など学校関係者のみなさまへ

地域教育推進ネットワーク東京都協議会とは

「外部との連携」本格化の背景

平成28年2月に策定された「都立高校改革推進計画・新実施計画」の目標Ⅰ 「次代を担う社会的に自立した人間の育成」のなかで、「企業・NPO等との連携によるキャリア教育の推進」を掲げています。また、平成25年度より高等学校で本格実施された学習指導要領には、「キャリア教育」の推進が明記されています。
こうしたなか、都立高等学校からは、「都独自教科『人間と社会』やキャリア教育等の授業に導入可能なプログラムを探したい。」といった問合せをいただいています。今後、高等学校から企業を始めとした学校外の様々な機関や組織等との連携を求める動きが本格化することが予想されます。

企業・大学・NPO等とのネットワークを活用

平成18年12月教育基本法改正により第13条(学校、家庭及び地域住民等の相互の連携協力)が新たに盛り込まれました。ここでの「地域住民等」には、企業やNPOなど地域社会を構成するすべてが含まれています。
東京都教育委員会は、企業・大学・NPO等の広域的な社会資源のネットワークづくりのために、平成17年に地域教育推推進ネットワーク東京都協議会を設立しました。当協議会の取組に賛同いただいている企業・大学・NPO等が持つ教育支援プログラムを、都立高等学校における教育支援を想定して提供し、これまでもご活用いただいています。

お問合せください

企業・大学・NPO等の教育支援団体とコーディネーターが交流する機会として開催している「教育支援コーディネーター・フォーラム」には、企業等の担当者と直接会うことができる機会として、近年、都立高等学校の先生方の参加も見うけられます。
都立高等学校で活用したい教育支援プログラムに関してなど、お問合せください。

お問合せ

ここからフッターメニューです